のんびりさんの中学受験!?

小学生の娘と夫と私...3人4脚でがんばろう!

心あたたまるアナウンス

昨日、私の通勤経路のとある鉄道がポイント故障で、8時まえから3時間以上も運転を見合わせていました。私も少なからず影響があったのですが...昨日は1月26日。

この日は、都立高校の推薦入試の当日。集合時間は8:30〜9時頃でしょう*1から、受験する学校に向かう、多くの中学3年生の皆さんの足に影響があったようです。

遅れた鉄道会社の駅や、電車の車内では次のようなアナウンスが流れ、遅れて焦っている高校生に適切な情報を伝え、励ましたそうです。

都立高の推薦入試を受験する皆さん。慌てずに会場へ向かってください。電車の遅延により遅れても、受験できるそうです。がんばってください

いい話だなぁと思いつつ...まもなく始まる東京、神奈川などの中学入試の試験日に、何もないことを祈っています。受験生のみなさん、がんばってください。

news.yahoo.co.jp

 

 

a-dash.hatenablog.com

 

*1:推測です。学校によって違うと思われます。

すごい!

f:id:cdah3Azy:20230121143610j:image

子供の塾の幼児の待ち時間に、書店で面白そうな本があったので求めました。

眉につばして、読みはじめたのですが…あら不思議、目からウロコがぽろぽろ落ちました。

 

私は4桁×2桁までの計算を暗算する時に、頭の中で筆算して計算しているのですが……10のくらいが1の時はこれと似た感じで計算しています。(といっても…私のは、普通の筆算と同じです。そのかわり、かけられる数が3桁以上になっても同じように計算できます。)

 

この本で紹介している方法は、10のくらいが1の時に限って簡単に計算するメソッドです。限定的ですが、すごくかんたんに計算できます。小学校3年生で、中学受験を考えはじめたら…やってもいいトレーニングだと思いました。

 

小4くらいで、塾に入ると...周囲のみんなが計算が速くて驚きます。子供の周囲も5歳くらいから公文式やそろばんを習っている子が多いので、当然の結果かもしれません。

私の周囲には、友人や公文式やそろばんを習っていた人たちが多かったですが、高校受験の段階で、その人たちと有意な差があると感じたことがなかったので*1...、子供には習わせなかったけれど、塾に入る頃に少し後悔しました。

しかし、日能研の娘の通っている教室では、4年生の初めに計算の指導を熱心にしてくださったので、それなりに計算ができるようになったので、今は、塾に通ってよかったなぁと思っています。

*1:大学に入った後、そろばんがそれなりにできた人と知り合いましたが、計算のスピードではかないませんでした。当時は、まだ新しかったからか、大学時代には公文式を習っていた人には出会いませんでした。今は、東大生でも公文式経験者が多いと聞くので、全く状況が違うと思います。

思考力育成テスト#5

今回は久しぶりに、テストのふり返りをと一緒にやりました。

結果は、こんな感じです。なんとか平均点というものが多かったのですが...思考力育成とはいえ、国語がダメダメでした。

 

自分も苦手だったので子供のことは言えませんが、内容はある程度わかっているものの、答え方がわかっていないのだと思います。

 

オーディオブックで時短読書

水栽培のヒヤシンスが、ひとつだけ...成長しないうちに花をつけました。

室内ではなくベランダで育てていたのですが...11月に暖かい日が続いたため、なんとなく中途半端に成長してしまったのかもしれません。

オーディオブックで時短

さて、最近、定期的に読ませていただいているブログで紹介されている本をいくつか聴きました。

本当は、読んだ方がいいのだと思いますが、あまり本を読む時間がとれず、通勤の移動、調理や家事をしながらオーディオブックで聴きます*1。児童文学やYAだと4〜8時間ほどですが、アプリを使ってスピードを変えられるので、倍速〜3倍速で聞くと2〜4時間になります。短い本なら通勤の片道で、長めの本なら、1日1冊くらい、通勤と家事の時間で聞き終えることができます。

セカイを科学せよ!(安田夏菜・著)

こちらは、2022年度の青少年読書感想文コンクールの課題図書(中学生の部)に選ばれた本です。夏頃から気になっていたのですが、オーディブルの聴き放題に追加されたので、聴きました。

この本は、主人公が中学生で、題材が多様性なので中学生が読むのがいいと思いますが、小学校高学年の生徒にもいい本だと思います。難しいテーマを、たくみに扱っていて、読みやすく*2、また、読後感がいい作品だと思います。

ぜひ子供にも進めてみたいと思います。

サンドイッチクラブ(長江優子・著)

6年生の夏休み、砂像づくりに熱中する中学受験生たちの、爽やかな友情物語です。

砂場での砂像(サンドアート)作りから、小学生たちが多くのことを考え、悩み、自分の将来を切り開くという青春(?)作品。主人公が、友だちとぶつかったりしながら...「何かを強く求める力」を見出していく姿が微笑ましく、いい作品だと思いました。

現在進行形で、首都圏で、中学受験の塾に通っているので、月水金は進学塾、土は補習塾、日曜日は公開模試というスケジュールで勉強している主人公に共感します。...こんな風に、6年生の夏休みに経験をすることは難しいと感じましたが、せめて中学校に入った後に、娘が友だちと、やりたいことに没頭するような体験ができたらいいなと思います。

...ストーリーとは直接関係ないのですが...夏休みに、毎日、何時間も公園で砂遊びをして日焼けして帰ってくる子供をあたたかく見守りながら、とある決断をするときに...主人公のお母さんのように、余裕のある声掛けはできないだろうなぁ...と思いながら聴きました。それでも、その瞬間(子供が何かを決断する瞬間)をイメージして、どんな決断でも動じないようにしておく必要もあるんだろうなぁと思いました...複雑です。

 

らんたん(柚木麻子・著)

恵泉女学園が創立に関わる方々を題材にした小説(フィクション)です。こちらは、児童書に分類されるものではないかもしれませんが、ご紹介を見て興味を持ち、Audible の聴き放題になっていたので聞いてみました。

第一章は、明治期の女子教育を取り巻く状況がわかるような内容した。最初のところが、やや入りにくかったので、1.4倍速で聴きました*3。自立しようとする女性が、生き生きと魅力的に描かれていると思います。

第二章以降は、恵泉女学園にフォーカスしていくので、読みやすくなります。

明治期には、東京では多くの学校が作られました。良妻賢母を育てる学校、商家の娘にそろばんを教える学校、裁縫を教える学校る学校など、様々な特徴のある学校があると思います。そんな中で、自由そして自立を教えるキリスト教に基づく完全な私学*4の女子校は、やはり特別で素晴らしいと思いました。

全編、ときにワクワクしながら、またはハラハラしながら、そして、涙をしながら...聴き通しました。通常のスピードで20時間以上の長編ですが、通勤や家事の時間が楽しい時間時間になりました。

女子校離れば進んでいると言いますが...やはり、女子校もいいものですね。女子校志望の娘にも読ませたいですが...少し、早いかな?とも思います。

この本に登場する恵泉女学園は制服が制定されていません。自分らしいおしゃれも教えたいというところが素敵だなぁと思いました。上野千鶴子先生の「女の子はどう生きるか:教えて、上野先生!」の実践版のようなストーリーだと思いました。

らんたん

らんたん

Amazon

 

感謝

私は、最近の子供がどんな本を読むのかよく分からず、多くの先輩の方々が、さまざまな本を紹介してくださっているのを見て、子どもに、どんな本を読ませたらいいか考えています。

次は、まもなくAudible聴き放題に追加される「建築家になりたい君へ(14歳の世渡り術)」(隈研吾・著)聞こうと思っています。

 

 

*1:私は、Amazon の Audibleを利用しています。一般書が多めで、児童文学もあり、また、日本語以外のコンテンツも充実しているのが特徴です。

*2:聴いただけなので...正確には、聴きやすく。

*3:私は、日本の本は、たいてい2倍程度の速さで聴くのが慣わしで、2章以降は2倍速で聴きました。

*4:教会の支援が受けられるミッションスクールではない学校

5年生1月は、高校受験を考える

冬休みの様子

昨年末の12月は...以前も少し書いたのですが、いろんなことがあって、親の私が疲れてしまって...頑張れず...冬休みは、本格的に、お休みモードになってしまいました。

子供はというと、風邪による体調不良で、最初冬期講習が自宅での受講だったため、かなり、のんびりしてしまい...冬季講習のテキストの問題は授業で扱わなかったものも基本的にはこなしたのですが、宿題が十分できなかったようで、理科と社会の宿題は差し戻されてしまいました。

...冬休みなまけたことでの影響

冬休み、かなりなまけたこともあって、冬期講習のテストも、400点は、夢のまた夢で、その後の全国テストも結果が悪く、日特のクラスも期待できません。

うちの近所には日能研がなく、学校のお友達は、最寄駅の郊外よりの駅と都心よりの駅の教室に行っています(都心から近いわけではなく、比較的という意味で)。
うちは、親の通勤経路(遅くなってもお迎え可能)というだけで、そのどちらでもない、教室に行っているのですが、どの教室もそれほど遠いわけではないので、6年生の日能研特別講座(日特)はクラスによっては同じ校舎になります。
実は..「日特では学校のお友達と一緒になるかなぁ」などと言って、楽しみにしていたのですが、それも厳しいでしょう。また、子どもから聞いた状況では、クラス落ちの可能性もあるのかもしれないとも考えています。

11月の下旬頃のまだ元気なころは、私も元気で、子どものやる気をサポートすることができたのですが、とにかくスケジュールがパンパンなところに、日程変更があったりとかして、何もできなくなってしまったのですが、悔やんでも悔やみきれません。

...さらに

そんな中、毎朝のルーティーンを、勝手に休んでいる日があるということが発覚しました。何度目かになる、注意をして...少し険悪になってしまいました。私は仕事で、朝の学習状況については、見られないのですが...夫に頼んでも、きちんとはみてくれません。自分は、毎日、ノルマを決めて勉強することが苦ではなく、その効果も実感しているのですが、なかなか娘には伝わりません。

やはり、両親がフルタイムで仕事をしている状況で、中学受験の対応は、たいへんだなぁと思う毎日です。

...そして

そんな時に届いたのが、とある塾の「中学部」の案内です。(複数届いています。)

「中学部」と書いたのは、中学受験の塾ではなく、高校受験のための塾ということです。...なんと、スタートは5年生のこの時期(塾の6年生学年)なのだそうです。

 

以前、大阪では、上位の高校を狙うなら小学校時代に英検2級(または準1級)をとっておかないと不利になる(可能性がある)ことを書きましたが、東京でも、上位の高校を目指す場合は、4年間かけるのですね。

 

中学受験に失敗して、高校受験をすることになった場合にも...中学受験が終わってから準備すると、約1年半分高校受験のスタートには出遅れるのかと思うと、色々と考えてしまいます。

もちろん、中学受験で学習したこと全てが無駄になることはないと思っていますが、数学については、中学入試の算数のような学習をせずに効率的に学習することができると思っています。それは、中学以上は算数ではなく数学になるため、単位のような面倒なものがなくなりますし、基本的には、方程式の処理ができて、事象を方程式で表すことができれば解決できるからです。

結果はでませんが...

悩んでも、結果は出ませんが、子供は塾が好きで...やめたくないと言うので、きっとすぐに何か行動をすることはありません。

また、今年は忙しいけれど、おそらく、来年は親の仕事についてみても在宅も減って、さらに忙しくなるだろうと推測されるので、この時期に、まだ、すぐバレる嘘をついて親を誤魔化そうとする状況で、うちの子に、中学受験は無理なのかもしれません。

Books #14 1月の読書(5年生)

 

「かがみの狐城」再読

1月の初めに、娘と映画「かがみの狐城」を見ました。

そんの関係で...辻村深月さんの「かがみの狐城」再読。

この本は、映画になったこともあり、日能研のお友達も男女問わず読んでいたそうです。

 

かがみの孤城

 

ところで、辻村さんといえば、「はじめての」に掲載さていた「ユーレイ」が原作の曲「海のまにまに」(YOASOBI)が11月の末に配信されました。子供は2月から待っていたので、待望の...といったところです。

 

 

探偵KZ事件ノートシリーズ

最近、日能研から借りてくるのは、藤本ひとみ先生原作の...住滝良先生による「探偵チームKZ事件ノート」シリーズ(講談社青い鳥文庫)です。

...やっと、「若おかみは小学生」を卒業したと思ったら...また、青い鳥文庫に戻ってきてしまいました。それでも....好きな本を夢中になって読む時間は、大切だと思います。「若おかみ」を呼んでいたのは小学校2年生〜3年生のおうち時間でした。その時も思いましたが、こういう本は、すぐ読めてしまうようで、あっという間に10冊ほど読んでしまいました。

こちらの本は、藤本ひとみ先生の原作ですが住滝良さんという方が文章を書いている小学生用の本なのですが、娘は、この本をきっかけに、「藤本ひとみ先生の本を読んでみたい」と言いはじめました。母の中学時代の友人に藤本先生の大ファン(小学校時代から愛読)がいたのを思い出し、なんだか、少し懐かしくなりました。

  • 探偵チームKZ事件ノート シンデレラ特急は知っている
  • 探偵チームKZ事件ノート シンデレラ城は知っている
  • 探偵チームKZ事件ノート 七夕姫は知っている
  • 探偵チームKZ事件ノート ブラック保健室は知っている
  • 探偵チームKZ事件ノート 消えた黒猫は知っている
  • 探偵チームKZ事件ノート 校門の白魔女は知っている
  • 探偵チームKZ事件ノート 学校の影ボスは知っている
  • 探偵チームKZ事件ノート 呪われた恋話は知っている
  • 探偵チームKZ事件ノート つぶやく死霊は知っている

 

講談社青い鳥文庫というと...小学校の時に読んだ「クレヨン王国の十二ヶ月」を、思い出します。...小学生向けの本ですが、講談社関係の名著「窓際のトットちゃん」や「五体不満足」などを(小学生ように読みやすくしているものもある)収録しているのが特徴です。最近は、他の文庫もそうですが、ライトノベルも小学生向けにアレンジしているんですね。

 

枕の草子?

ある日テレビで脳トレをやっていて...

[問題] □に入るアルファベットを答えなさい。*1

春 → A

夏 → Y

秋 → Y

冬 → □

「何それ?」

...と言われたので、一通り暗証してみました。

春はあけぼの

ようよう白くなりゆく やまぎは 少しあかりて

紫だちたる雲の 細くたなびきたる

夏は夜

 ....

「それってどういうこと?」

....と言われたので...悪ノリをして...

春っていったら、もうすぐ日の出っていう時間が素敵よねー。

遠くを見ると山の空にふれてる部分がだんだん白くなってきて、すっごくきれいなんだけど...少し明るくなってているところへ

紫ががかった雲が細く伸びている様子もとっても素敵。

こんな風に話したら...「なにそれインスタ映え?」みたいな?

そんな話をきっかけに....気楽に読める子供向け枕草子(抄録)として角川つばさ文庫の「枕草子 平安女子のキラキラノート」(清少納言、朝日川日和)を、声を出して交互読みをしたり、子供と読みました。

平安女子も、現代の私たちと同じように、身の回りのものがきれいだなとか、かわいいなと感動したんだってことを知り、身近に感じてくれたらいいなと思っています。

 

過去に読んだ本

 

a-dash.hatenablog.com

 

a-dash.hatenablog.com

 

a-dash.hatenablog.com

 

*1:答:T...春はAKEBONOのA、夏はYORUのY、秋やYUGUREのY、冬はTSUTOMETEのT

ちょっとだけ...入試問題にチャレンジ

先週の土日は、私は仕事でしたが、は全国テストに英検に大忙しでした。

日曜日は英検。1年前に準2級を取得していたので...今回は、2級にチャレンジです。最近は、英語の勉強に時間が十分取れないこともあって...実力不足だとは思ったのですが...今後は中学生になるまで受験できないだろうなぁと思って、...チャレンジ受験をしました。

 

私が家に帰ると、は「難しかったー」...と落ち込んでいました。やはり、まだ早かったようです。英検は難しかったと言って落ち込んでいたので...ほんのちょっとだけ、前日の土曜日に実施された「大学入試共通テスト」の「英語」の問題にチャレンジしてみました。

 

最近の共通テストの英語は、昔と違ってリーディングの配点が減って100点満点です。また、文法や発音の問題がなく、すべて長文の問題です。1番は、短い文書(チラシやパンフレットみたいなもの)を見て、設問に答えるもの。TOEICのような感じ...ではありますが、題材が学生向けに、学校で配布されるプリントのようになっています。難易度も少し易しいと思います。

 

記事の内容自体は読めるのですが、設問の意図が読み取りにくかったようで、選択肢を選ぶときは、サポートしましたが正解することができました。最近は、英語の本を読む*1だけで、英語を勉強する時間は十分には取れていなかったこともあって、英検(2級)は、まだまだ難しかったようですが...大学入試の問題に、取り組めるくらい英語力が身についているということを実感することができて、本人も少し満足したようです。

 

www.asahi.com

 

難しかったね、お疲れ様。ということで、しばらく、英検はお休みの予定です。

 「でも、英語の勉強を全部やめたらダメだよ。」

「あったりまえじゃん!」

でも...中学3年生までに英検2級って、大阪の公立中学の中学生(公立高校を受験する人たち)にとっては、それほどめずらしいことでもないようなので*2...かなり頑張ってきたけれど...早期に学習を始めたアドバンテージは、あまりなかったかもしれないなぁと...思いました。それでも、言語は触れた時間だけ身につくものと信じて、あきらめず、少し手を抜きつつ続けていきたいと思っています。

*1:読むと言いながら、聴きながら目で追うだけです。

*2:大阪では、公立高校受験の際に英検の取得級によってテストの英語の得点を保証される制度があります。英検2級で80%、準1級以上で満点扱いということです(当日の得点と比較して良い方を採用)。トップ校では、実に約80%以上の受験生がこの制度を利用するそうで、府立の進学校では高校に進学すると、ほとんどの人が英検2級以上を取得済みという状態のようです。