のんびりさんの中学受験!?

小学生の娘と夫と私...3人4脚でがんばろう!

学校説明会に行こう〜2022春の陣〜

子どもが通っている塾の先生から、「5年生の間にたくさんの学校に行ってみてください。」と言われたのは、学年当初の保護者会のことでした。

昨年は、説明会や見学会、行事等で小学校4年生を受け入れている学校がほとんどなく、中学校に行くことができなかったので、早速、行ってみようと思い活動を始めたのですが…これが、なかなかに大変です!

わたしたち親子が、中学校を訪れることができるのは、まだまだ先かもしれません。

 

 

 

1. miraicompass(ミラインパス)に登録

はじめに、アクセスした学校で「miraicompass」というサービスの登録を求められたので登録しました。

多くの学校で、利用しているサービスなので、ちょっと紹介します。

 

miraicompassは、このようなインターネット出願を実施する学校が利用している三菱総研DCS株式会社によるサービスです。

全国の国立や私立の幼稚園・小学校・中学校・高等学校のイベント予約やインターネット出願に利用されています。

関東近郊では、かなり多くの学校が利用しているようで、まだ10校ほどしか調べていませんが、利用していないのは1校だけでした。

miraicompassのWEBサイトによると全国で1200校以上(2022年7月)の学校が利用しているそうです。

 

最近はの私立学校は、ほとんどがインターネット出願になっているようです。10年くらい前には、まだ、そう多くなかった印象だったので、少し驚きました。

 

このサービスは個人情報の登録が必要になるサービスですので、登録に迷いますが…学校説明会、オープンキャンパス、体育祭、学園祭など、全てのイベントに利用されている学校もあるので、割り切って登録しましょう。

 

アンケートとして聞かれる項目については、あくまでアンケートとして回答すればいいと思いすが、出願とイベント参加で利用しているサービスが同じ場合、過去のイベント参加の際に入力したアンケートで記入した内容が、入試の際に参照される可能性があるので注意しましょう。合否に影響するというわけではありませんが、私学の場合は、印象を大切にする場合もあると思います。

 

また、インターネット出願の際は、基本情報(住所や電話番号、e-mailアドレス)の入力内容に間違いのないように注意しましょう。学校側は、連絡をとる努力をしてくださると思いますが、多くの受験生がいる中、一手間余計かかることは迷惑ですし、印象が残る場合もあります。

 

東京の場合、都立中等教育学校(や都立高校)は、インターネット出願を実施していない学校が多く、その場合はイベント予約に独自の利用して実施しているようです。都のWEBサイトによると2022年度入試ではインターネット出願を実施した高等学校が20校ほどあり、miraicompass を利用していたようです。近いうちに、中等教育学校でもインターネット出願が始まるかもしれません。(ちょっと期待!)

 

 

miraicompass: https://www.mirai-compass.jp.net/

2. さいしょのチャレンジ 

最初に、説明会に参加しようと考えた学校は、私の職場(郊外)から、ほど遠くないところにある女子校です。ドラマの「四月の勝者」に名前が登場したので、興味を持って調べていました。

...まずは1敗

4月のはじめにWEBサイトを確認したら、すでに受験生向けの情報が整理されていて、今年度の受験生向けの行事の予定もある程度掲載されていたので、説明会に申し込んでみようと考えスタンバイしました。

 

申し込み開始日(10:00開始)のお昼頃接続したところ、対面はすでに満席で、オンラインの説明会に申し込みました。はじめてのチャレンジだったのですが、考えが甘かったと反省しました。

 

当日は、仕事があって、私が参加できなかったので夫に参加してもらったのですが、印象は良かったようです。ここでオープンキャンパスの情報を教えていただけたのが収穫でした。(WEBサイトで未公開の情報でした。)

2. にばんめのチャレンジ

2番目に選んだのは、小田急線沿線の女子校です。この学校の生徒さんや卒業生の方と、お話しする機会があったのですが「素敵な方が多いな」と思っていたので、説明会に参加しようと思いました。

...続いて2敗

説明会の開始日の開始時刻にスタンバイしていたのですが、混んでいたのか、なかなか予約システムにログインできず、やっとログインすることができた時には、残念ながら、対面の説明会は申し込みが終了してしましました。やはり、オンラインによる説明会を申し込みました。

 

当日の説明会は、オンライン参加者(中継)にも配慮された運営になっていて、とてもよかったです。在校生の方からも、学校の様子を少し聞いていたのですが、学校からの説明を聞いて、学校でされている教育が生徒さんの中に確実に育っているなと感じました。在校生や卒業生の方から受ける印象の良さに納得する説明会でした。

 

. 合同説明会

まだ、学校をあまり知らないので、合同説明会に行って、興味のある学校のパンフレットをいただいてこようと考えたりします。ですが、大規模な合同説明会は、いずれも人気で、なかなかに狭き門で、参加が実現しません。

...そして4敗

3月に実施された、「よみうりGENKIフェスタ2022」と、5月に実施された東京私立中学高等学校協会主催の「Discover私立一貫教育 2022東京私立中学合同相談会」は、いずれも、事前申し込みの上、抽選でしたが、いずれも当たりませんでした。

 

抽選の倍率が非常に高いということで、残念ですが、仕方がないです。

抽選のイベントは、あまり期待せず待つしかないようです。