のんびりさんの中学受験!?

小学生の娘と夫と私...3人4脚でがんばろう!

もやっとすることしないこと

 

もやっとしたこと

最近、職場でひとまわり以上違う若いお母さんと、うっかり、お話することになってしまいました。


お子さんの学校の話題が出て、子育てについて熱く語られていたのですが...選ばれた学校が芸術系で情操教育などでも評判のよい人気校だったので、「良い学校を選ばれましたね」などと...なんとなく相槌をうっていたら...

若い母「私は、偏差値とかじゃなくて、一生の友達ができるといいなと思って私立中学受験をさせたんです!」....(๑•̀ㅁ•́๑)✧キラーン
若い母「○○さんも、偏差値とかではなく、お子さんにあった学校を選ぶといいですよ。」

芸術系と...我が家では、小学生段階では選ばない進路を選ばれていたこともあって...それ以上は、なにも申しませんでしたが...ちょっとモヤモヤ。

 

もやっ...ともしないこと

こんなことがあって、中学受験について、私の知人(東京に自宅がある方)で、東京以外の都市にある学校に憧れて、進学のために引っ越したという方と話した時のことを思い出しました。

知人: あのさー、今度○○(某都市名)に行くことになっちゃって

: どうして?
知人: 子供が、そこの学校に進学することになったの。
:えっ? ご実家の近くではないよね。
知人: うん。学校行事の上級学校訪問である学校を見学に行って、感動しちゃって...絶対、その学校に行きたいって...受験して、合格したから。

:それは、よかったね。
 ※ お子さんの通っていた小学校と見学に行った中学校は、違う都府県にあります。

例えば、このとき、この方に「〇〇ちゃんも、子どもの進路を選ぶときは、子どもの行きたいを優先させるといいよ」と言われていたとしても、"もやっ"ともせずに「そうだね。でも、うちは、引っ越さない範囲で行けるところを選ばせるよ。」などと、普通の会話をしたと思います。

知人の家庭は、子供の進学先を東京と考えていたため、共学の超難関校を受験して合格もされていました。それでも、東京の学校を辞退して、本人の希望する別の地域の学校を選択されたそうです。

ご家庭では、大学は東京と考えておられていて、お子さんのために中高の6年間を、住んだことのない(親戚もない)地域で過ごすという、家族にとってハードルの高い選択をされました。これには、ただただ感嘆します。

もやもや...

2者は「我が家では絶対に選ばない選択をしている」という点で、よく似ているのですが、なぜ、”もやっ"としたり、しなかったりするのでしょうか。

地方出身の公立育ちで、何も持っていないものの、やっかみかもしれませんね。