のんびりさんの中学受験!?

小学生の娘と夫と私...3人4脚でがんばろう!

5年生1月は、高校受験を考える

冬休みの様子

昨年末の12月は...以前も少し書いたのですが、いろんなことがあって、親の私が疲れてしまって...頑張れず...冬休みは、本格的に、お休みモードになってしまいました。

子供はというと、風邪による体調不良で、最初冬期講習が自宅での受講だったため、かなり、のんびりしてしまい...冬季講習のテキストの問題は授業で扱わなかったものも基本的にはこなしたのですが、宿題が十分できなかったようで、理科と社会の宿題は差し戻されてしまいました。

...冬休みなまけたことでの影響

冬休み、かなりなまけたこともあって、冬期講習のテストも、400点は、夢のまた夢で、その後の全国テストも結果が悪く、日特のクラスも期待できません。

うちの近所には日能研がなく、学校のお友達は、最寄駅の郊外よりの駅と都心よりの駅の教室に行っています(都心から近いわけではなく、比較的という意味で)。
うちは、親の通勤経路(遅くなってもお迎え可能)というだけで、そのどちらでもない、教室に行っているのですが、どの教室もそれほど遠いわけではないので、6年生の日能研特別講座(日特)はクラスによっては同じ校舎になります。
実は..「日特では学校のお友達と一緒になるかなぁ」などと言って、楽しみにしていたのですが、それも厳しいでしょう。また、子どもから聞いた状況では、クラス落ちの可能性もあるのかもしれないとも考えています。

11月の下旬頃のまだ元気なころは、私も元気で、子どものやる気をサポートすることができたのですが、とにかくスケジュールがパンパンなところに、日程変更があったりとかして、何もできなくなってしまったのですが、悔やんでも悔やみきれません。

...さらに

そんな中、毎朝のルーティーンを、勝手に休んでいる日があるということが発覚しました。何度目かになる、注意をして...少し険悪になってしまいました。私は仕事で、朝の学習状況については、見られないのですが...夫に頼んでも、きちんとはみてくれません。自分は、毎日、ノルマを決めて勉強することが苦ではなく、その効果も実感しているのですが、なかなか娘には伝わりません。

やはり、両親がフルタイムで仕事をしている状況で、中学受験の対応は、たいへんだなぁと思う毎日です。

...そして

そんな時に届いたのが、とある塾の「中学部」の案内です。(複数届いています。)

「中学部」と書いたのは、中学受験の塾ではなく、高校受験のための塾ということです。...なんと、スタートは5年生のこの時期(塾の6年生学年)なのだそうです。

 

以前、大阪では、上位の高校を狙うなら小学校時代に英検2級(または準1級)をとっておかないと不利になる(可能性がある)ことを書きましたが、東京でも、上位の高校を目指す場合は、4年間かけるのですね。

 

中学受験に失敗して、高校受験をすることになった場合にも...中学受験が終わってから準備すると、約1年半分高校受験のスタートには出遅れるのかと思うと、色々と考えてしまいます。

もちろん、中学受験で学習したこと全てが無駄になることはないと思っていますが、数学については、中学入試の算数のような学習をせずに効率的に学習することができると思っています。それは、中学以上は算数ではなく数学になるため、単位のような面倒なものがなくなりますし、基本的には、方程式の処理ができて、事象を方程式で表すことができれば解決できるからです。

結果はでませんが...

悩んでも、結果は出ませんが、子供は塾が好きで...やめたくないと言うので、きっとすぐに何か行動をすることはありません。

また、今年は忙しいけれど、おそらく、来年は親の仕事についてみても在宅も減って、さらに忙しくなるだろうと推測されるので、この時期に、まだ、すぐバレる嘘をついて親を誤魔化そうとする状況で、うちの子に、中学受験は無理なのかもしれません。