のんびりさんの中学受験!?

小学生の娘と夫と私...3人4脚でがんばろう!

思考力育成テスト #2

今日も、寒いですね。

今月は、土日に仕事の日が多く、なんとなく忙しくしています。

テストも夫に任せがちなのですが、先週の土曜日(10月22日)の思考力育成テストも、夫にお願いしてしまいました。

この思考力育成テスト...学力育成テストのように試験範囲がテキストとリンクしている訳でも、入試問題の演習として役立つタイプの問題というわけでもないということで、他の記事をみると評判はいろいろで、受験するかしないかが議論になっているようで、無理して受けさせる必要はないのかな?...などと...心配していましたが、娘は、わりと楽しんでいます。(成績には結びついていませんが...)。

 

テストの結果

テストといっても、仕事があって、自己採点も問題も見られていませんので...数字だけ。

平均点と得点(百分率)

今回の結果は、こんな感じでした。

得点は、算数が自己採点通りで、娘にしては高得点でした。

一方、前回高得点だった理科は、不得意分野の生物分野が出題されたため、それだけで苦手意識が先に立ったのか、平均点すれすれの低空飛行でした。

そして、国語が、このところ、すべてのテストにおいて、低迷していますが、こんかいは平均点よりはちょっとだけ上でした。

教科 平均点 おおよその得点(割合)
4科 316.4 70%⤴︎
3科 249.3 70%⤵︎
2科 192.5 70%⤴︎
国語 80.6 60%⤵︎
算数 111.8  90%⤴︎
社会 65.4 70%⤴︎⤴︎
理科 56.7 60%⤵︎

おわりに

このテストは偏差値がでないのですが、順位でいうとこんな感じです。

(女子の順位は、最後の国語と理科の順番が逆になります。)

  • 算数>社会 ≒ 4科 ≒ 2科>国語>理科 

平均点を見ると、簡単だったという算数がとてもよく、国語と理科が低いです。そんななかでも社会は健闘しているといえるかもしれません。

また、今回は、娘にしては、算数がよく、これまでの最高点でした。

母「...今回は、算数がよくてよかったね。勉強した成果だね。」

娘 「簡単だったからだよ。こんなだったら、あんなに勉強しなくてもよかった!」>

母(......そんなに、勉強してましたっけ??....)

親としては、数え上げを「授業」と「5難関」と「ますます算数」で、かなりがんばって取り組んだからではないかと思っています。講座をすすめてくださった先生、いっしょに勉強しているお友だち、みなさんありがとうございます。