のんびりさんの中学受験!?

小学生の娘と夫と私...3人4脚でがんばろう!

Books#6  2022年5月

今日も暑いですね。朝8:00から夕方の5時まで30度以上の気温だと...本当に疲れます。

でも...今日から娘 の塾が、早めのお盆休みなので、今日から4日間は、お弁当がお休みです。 

さて、今日紹介するのは今年の5月頃に読んだ本です。G.W.が終わって、少し育成テストの国語の成績がいい時が続いて調子に乗っていた頃です。森絵都さんの「あしたのことば」と、瀬尾まい子さんの「幸福の食卓」を読みました。

あしたのことば

「あしたのことば」は、塾の教室のポスターで見てきた娘からのリクエスト。

小学校の教科書に取り上げられた作品を含む9編の短編からなる短編集です。

キレイなイラストが豊富で、とても読みやすい本です。

YouTubeに掲載されたプロモーション映像もすてきです。

 

 

 

幸福の食卓

こちらは2004年に出版されてから、2005年に第26回吉川英治文学新人賞受賞、その後、コミカライズされ、映画化もされた、有名な作品です。

娘は文庫が苦手なので、本はハードカバーで用意します。少し前のベストセラーは、文庫以外の本を探すのが難しいので古本屋さんやフリマアプリを利用します。この本は、私がフリマアプリでチェックしていたら...娘が帯(当時の)にある「珠玉の...」という言葉に惹かれて「ぜひ、読みたい」と選びました。

娘が選んだ本ですが、瀬尾さんの長編は、はじめてだったので、事前に、私も読みました。読みながら、家族のありかたというか、家族が家族であることについて考えました。

こちらは映画の母親役  .。*゚+.*.。  石田ゆり子さん ゚+..。*゚+  のインタビューです。いくつになっても、ステキですね。

www.cinemacafe.net

 

5年生の4月は森絵都さんの「クラスメイツ」を読んでいました⤵︎

a-dash.hatenablog.com

3月は辻村深月さんの「ドラえもん」他3冊を紹介しています。

a-dash.hatenablog.com