のんびりさんの中学受験!?

小学生の娘と夫と私...3人4脚でがんばろう!

Books#7  2022年6月

6月の読書は、高柳 克弘さんの「そらのことばが降ってくる: 保健室の俳句会」と水野瑠見さんの「十四歳日和」。いずれも多感な中学生が主人公のお話です。少し、背伸びをして読んでみました。

うちの子は、小説では女性の作品をよく読んでいますが、「そらのことばが降ってくる」は久しぶりに男性の作者の本です。

以前、ご紹介した 冊子 ⤵︎ に掲載されている本から選んでみました。

a-dash.hatenablog.com

読んだ本

そらのことばが降ってくる: 保健室の俳句会

3月に読んだ「リマ・トゥジュ・リマ・トゥジュ・トゥジュ」は短歌を題材にしたお話でしたが、こちらは俳句を題材にした長編小説です。メインテーマは異なりますが、いずれも中学生が主人公で、主人公らの成長を描く青春小説です。

こちらは、2022年入試で桜陰中学校で出題されたそうです。

 

十四歳日和

十四歳の一年を扱う4編の短編からなる短編集です。男の子が主人公のお話も、女の子が主人公のお話もあります。

こちらは、2022年入試では最も題材に選ばれた本だそうです。海城中学校、暁星中学校、学習院女子中学校、慶應義塾湘南藤沢中学校、帝京大学中学校などで出題されたそうです。

これまで読んだ本

a-dash.hatenablog.com

 

a-dash.hatenablog.com

 

a-dash.hatenablog.com