のんびりさんの中学受験!?

小学生の娘と夫と私...3人4脚でがんばろう!

中学入試と英語 #2 私立中学1

 

■■□ ちょっとおまぬけな会話 □■■

娘....英語のReading(長文)の問題に取り組み中.....

娘 ねぇ...ライカって誰?
母 ライカ(Leica)? ...誰って...カメラでしょう。
娘 スプートニクで travel した...
父スプートニクはガガーリンじゃなかったっけ?

母 !! ...ライカ(LAIKA)!わかった...犬じゃない !?
娘父「「えーっ...うそでしょう???」」

..誰にも信じてもらえない。*1

娘 は、小さい頃から英語に親しんでいます...このように、最近では、帰国子女でなくても、小さい頃から英語を学習していたり、インターナショナルスクールに通っていたりして、英語ができる小学生が増えてきているようです。

この影響は、中学校入試の方法にも影響を与えているようです。例えば、ある学校(共学校)の学校説明会では、最近では「受験生やその親からの ”英語を利用して受験したい(させたい)”という希望が増えているので英語入試を実施することにした」という説明がありました。

娘の受験の時に、何か英語を役立て有利に進められないかしら?...と考えて、調べてみることにしました。

首都圏模試センターによると、2022年入試では、都内の私立中学校では87校、そのうち女子校では38校が、なんらかの形で入学試験で英語が利用できたそうです。ずいぶん多くの学校で、英語が入試に利用されているのですね。

www.syutoken-mosi.co.jp

実際に、どのような状況なのか...もう少し詳しく紹介したいと思います。

 ※ こちらは、2022年の8月下旬に調べた情報をもとに作成したものです。記録のため、この記事自体は変更せずに管理したいと思います。最新情報は、各学校WEBサイトなど公式情報をご利用ください。

中学入試と英語(東京の女子中学校)

概要

中学入試の英語利用について、この記事では私立中学校のうち、東京の女子校についてまとめたいと思います。

今回は東京の女子中学校を中心に公表されている情報を調べてみました。残念ながら38校のうち33校*2しか見つけられませんでしたが、参考にしてください。*3

A. 入試科目

これまでも帰国子女入試で、英語のテストを実施する学校はありましたが、最近では、一般入試で英語のテストを実施する学校が増えています。レベルも様々で、小学校で習った範囲と同じレベルから、帰国子女に近いレベルまで求める学校もあります。また、英語資格を試験科目と同等に扱う学校もあります。

[試験実施]

十文字中学校 2/1午後 得意型
英語・国語・算数より1科または2科選択
淑徳SC中学部 全日程

国語・算数・理科・社会・英語から2科を選択*4

昭和女子学園中学校 2/1午前
2/2午後
3教科(国・算・英)より選択
(英検2級*5以上で試験免除, 100点満点)
トキワ松学園中学校 2/1午後 英語コミュニケーション
国語・英語または算数・英語
(英検3級で英検免除)

 

[見なし得点]

家政学院中学校 2/1午後
2/2午前

英語資格入試
国語(必須)+英語資格
筆記試験と面接試験免除。英検3級以上100点、
英検4級80点、英検5級70点に得点化

共立第二中学校 2/1午後 英語4技能型
英検準2級以上取得者は、英語・英語面接の試験を
免除(100点換算)し、日本語作文のみ
実践女子学園中学校 2/1午後
2/2午後
英語資格入試
英検2級以上100点、準2級90点〜80点、
3級70〜60点、4級50点
中村中学校 2/1午前
2/5午後
英語資格入試
次の通り取得級によって見なし得点化をして合格判定。
5級は70点、4級は80点、3級は90点、準2級以上は100点。
三輪田学園中学校 2/1午後
2/2午後

英検利用入試
国語・算数のよい方と英検のみなし点の合計
4級(CSE1,000点以上)70点、3級 80点、
準2級90点、2級以上100点

B. 英検利用1(条件)

テストを実施しない場合も、様々な形で英語の資格が利用できる入試を実施されている場合もあります。その一つが、「英語資格入試」「英検利用入試」のような名称で、英検○級以上の取得*6を受験条件とする場合もあります。

 

山脇学園中学校 2/1午前
2/2午後
2/3午前
英語入試A, B, C *7
2019年6月以降に英検3級以上を取得した方
駒澤学園女子中学校 2/1午前
2/2午前
有資格者入試
英検5級 *8

 

C. 英検利用2(優遇)

英検利用には、英語の資格によって、一般入試の結果に加点するなどの優遇制度がある学校もあります。また、奨学生を専攻するときの参考にする学校もあるようです。

[一般入試の例]

江戸川女子中学校

英検等資格優遇制度

2科目判定(2級以上20点、準2級 15点、3級 10点、4級 5点)

4科目判定(2級以上40点、準2級 20点、3級 10点、4級 5点)

川村中学 英検準2級以上、入試の合計点に加点(詳細は、個別相談)
佼成学園女子中学校 英検などの各種検定で合計点に加点(特待生選考にも適用)。
4級5% 3級10% 準2級15% 2級以上20% *9
和洋九段女子中学校 英語検定等のスコア申請で優遇します。

入試科目の英語の内容

I. 筆記試験

江戸川学園取手中学校が、2022年度入試科目に英語を取り入れたのは有名ですが、こちらは、筆記試験(リスニングを含む)でした。このように、英語のテストを受ける人数が比較的多いことが期待される試験スタイルでは、一般に筆記試験(LRW or LR)が採用されることが多いようです。

また、他の試験と試験時間をあわせやすく、2科目型や3科目型等の科目数や受験科目が選べる学校でも採用されていることが多いです。(もちろん、英検利用が可能な学校もあるので、チェックすると良いと思います。)

国本女子中学校 複数回

リベラルアーツコース
2教科(国・算)or3教科(国・算・英の高得点の2科)の選択
筆記試験が英検準2級で80%, 2級で90%(当日の試験との比較で良い方を採用)

藤村中学校 複数回

一般入試・2科目入試
国語・算数・英語から2科を選択

II. 英語4技能

最近の傾向のひとつとして英語4技能を見るテストを実施する学校も増えています。

英語4技能というのは、Listening, Reading, Wriging, Speaking の4つを試験する方法です。Speaking のテストは実用英語検定のSpeakingテストのように面接テストで実施する学校が多いようです。

共立第2中学校が試験の概要(とその対策方法)についてのビデオを公開しています。

[共立第2中学校の英語4技能型説明ビデオ]

江戸川女子中学校 2/2午前 一般英語特化型入試
Reading,Grammer,Vocabrary+Listening,Writing+面接
共立女子中学校 2/3午後 英語4技能型
英語4技能、算数
英語4技能入試は“Reading & Writing” と “Listening & Speaking” の2つのセクションで構成。“Reading&Writing”に関しては英検で出題されるような英文を参考に対策していいが、英文の内容を日本語で要約する問題も出題する予定です。
共立第二中学校 2/1午後 英語4技能型
英語(LRW)、日本語作文、英語面接(Speaking)

 

III. 総合型

一方で、桐朋女子中学校の Creative English入試など、英語の能力を活動の中で見るスタイルのテストを実施している学校もいくつかあります。このタイプのテストは、比較的、長い時間でじっくり受験生の英語運用能力をみるのが特徴です。

学校によっては、事前の体験会の参加が義務付けられていますが、それ以外の場合も、学校説明会や個別相談で、相談して、試験の様子を聞いておくと安心できると思います。

 

[跡見学園女子中学校の英語コミュニケーションスキル入試のサンプル動画]

跡見学園中学校

2/4

英語コミュニケーションスキル入試
漢字力・計算力(合わせて30分)
英語筆記(20分)、 英語面接(7分程度)

桐朋女子中学校  

Creative English入試
準備課題、インタビュー

日大豊山女子中学校 2/2

英語インタビュー型
英語のコミュニケーション力をみる個別面接
(受験生1名に対し10分程度)

文京学院女子中学校 2/1午後 英語インタラクティブ入試
ネイティブ教員と受験生複数名で英語を用いた活動
(50分・100点)
山脇学園中学校 2/1午後 英語AL(アダプティブラーニング)入試
体験会に参加が条件
(英検3級相当以上の英語力が条件)

IV. 英作文(エッセイ)

英語のエッセイというと、国立の「東京学芸大学附属大泉中等教育学校」が有名です。今回調べた、女子の中学校でも、4技能の力を見ることを意識している学校が増えてきているためか、ペーパーテストでWriting のテストを実施する学校は増えてきているようです。しかし、帰国子女入試以外で英語のエッセイを入試の科目にする学校は見つけられませんでした。

国際と名前のついた共学校では英作文(エッセイ)を試験に取り入れている学校もあるので、今後、女子校でもエッセイを取り入れる学校もあるかもしれませんので注目したいところです。

一方で、日本語の作文を書かせる学校もあります。英語入試を視野に入れる場合、公立学校受験が関係なくても、作文対策は必要かもしれません。

V. 面接

ここに紹介する面接は、英会話(Speaking)の面接テストではなく、一般にいう面接です。英語を利用する入試では、面接を組み合わせる場合があるので紹介します。(帰国子女入試の面接に近いイメージだと思います。)

本人の面接の種類は、日本語の面接の学校、英語の面接の学校があります。日本語の面接の場合でも、「英語をどのように学んできたか」「英語を使って将来どんな夢を実現したいか」など質問されるかもしれないので、答えられるようにしておきたいですね。

親子面接の場合、日本語での面接が基本だと思いますが、やはり「英語の学習状況」や「英語教育についての家庭の考え方」などを聞かれる可能性があります。また、面接ですので、簡単な英語力をチェックする質問もあり得ます。

面接の詳しい内容は、受験を希望する学校の学校説明会に参加して情報収集をしたり、心配なことがあれば個別相談を利用して質問するといいと思います。

本人
白梅学園清修中学校 2/1午前・午後

英検入試
筆記・面接(本人のみ)

京華女子中学校 2/2午前

英検利用ベスト
国語・算数・英検資格点の3科の上位2科の得点+面接(本人のみ)

英検資格点は 5級55点、4級65点・3級75点・準2級90点・2級以上100点。

親子
女子聖学院中学校 2/3午後 英語入試表現力
英語リスニング、算数基礎、日本語による面接(親子)
聖ドミニコ中学校 2/1午前、2/2午前、2/11 インターナショナルコース
国語・算数または英語/英語/英語・面接(親子)

入試科目の英語のレベル

出題範囲のレベルも気になるところです。各学校の説明資料から、わかる範囲で英検と比較して、入試の英語のレベルをまとめてみました。

求める英語レベルの最も高い学校が英検2級、こちらは、従来の帰国子女入試を帰国生に近いレベルになります。続いて、英検準2級、3級と続き、英検5級レベルの出題をする学校もあります。

最も多いのは、英検4〜3級で、現在の学習指導要領では小学校卒業程度が英検5級、中学校卒業程度が英検準2級ですから、中学校中級の英語レベルを求める学校が多いと言えます。

レベル1(L1):
〜英検2級以上
佼成学園女子中学校(3〜2級)
レベル2(L2):
〜英検準2級
共立中学校, 十文字中学校, 桐朋女子中学校
レベル3(L3):
英検4〜3級
跡見学園中学校, 共立第二中学校, 麹町学園女子中学校,
昭和女子大学附属昭和中学校, 女子聖学院中学校,
東京女子学院中学校, 和洋九段女子中学校(5〜3級)
レベル4(L4):
英検5〜4級
駒澤学園女子中学校,白梅学園清修中学校(英検4級),

まとめ

Can I help you?

中学入試で英語を利用する方が増加の傾向にあるそうですが、学校が求める力(中学中級)や試験に取り入れている学校の数(または定員)を見ると、まだ、ごく一部という状況だと思います。残念ながら、娘程度の実力で、簡単に入試に役立てられるものでもないようでした。

しかし、2023年入試の受験生で小学校4年生から、2024年入試の受験生で小学校3年生からの英語活動、小学校5年生からの英語の授業(評価対象)を受けていて、小学校卒業までに実用英語検定の5級程度の英語力を身につけることが期待されるのだそうです。

娘に聞いたところ、3〜4年生の英語活動は遊びに近かったけれど、5〜6年生になって授業っぽくなったそうです。また、テストが実施されるようになって、娘も、少し学習へのモチベーションが高くなったようです。

気になるテスト内容を聞いてみると、5年生の段階では聞き取りのテストが中心のようです。私が、娘から聞き取った印象では、児童英検のようなテストだと感じました。

入試科目に英語はありませんが、中学校の授業は、おそらく、小学校で学習したことを前提とした授業になるでしょう。進学校であればあるほど、小学校の復習には時間をかけていただけないことも想像します。私立の中学校に入学すれば1年で英検3級を目指せるくらいまでは実力がつくそうなので...受験勉強と無理に両立する必要はなさそうです(先輩お母様談)。

ちなみに、小学校では600〜700単語(中学校は小学校とは別に1600〜1800語, 合計で中学までに2200語〜2500語)を覚えることが求められるそうです。小学生に単語帳はまだ早いので、学習マンガなどを利用して楽しく勉強できると良いですね。

英検用の単語集も、語数としてはちょうどいいと思います。

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

*1:LAIKAは、スプートニク2号で宇宙旅行をした有名な犬の名前です。

*2:うち1つは2023年4月に共学化して学校の名前が変わります。

*3:2022年8月上旬の調査です。この時点で多くの学校が2023年度版の要項を掲載されていましたが、まだ掲載されていない学校、または、今後の変更の可能性についての記載がある学校が複数ありました。受験を検討される場合は、最新の情報をお調べください。

*4:2022年度入試

*5:他の英語資格の基準もあり

*6:TOEFLなど他の英語の資格についても利用できる場合が多いです。

*7:入試科目に英語はありません。

*8:他に、漢検5級 or 算数検定 6級 or 親戚(祖母・母・姉妹)に系列学校の卒業生・在校生なども条件となる

*9:英検の他に漢字検定、その他の利用も可能