のんびりさんの中学受験!?

小学生の娘と夫と私...3人4脚でがんばろう!

イネの花

イネの花が咲きました

花が咲くまで...

5年生は社会で「米作り」の学習をします。

うちでは、娘の興味に対応すべく、全国いろいろな地域のお米を食べる、お米ツアーをしています。

学校では、授業の学習で...なんと、ペットボトルでイネを栽培するということを始めました。

夏休みに持って帰ってきたのですが...いつか、枯れるんだろうな((失礼しました....(人д`o)))なんて思っていたのですが、途中、日照りや大雨、台風による危機もありましたが、なんとか持ち堪えています。9月のはじめ...娘と、こんな会話をしました。

 

塾への送迎の途中で、お米のペットボトル栽培をされている方の家の前を通って...

「今通ったところで育てているイネは、もう実っていたよ。」

娘「そうだっけ?」

「うん、穂が垂れ下がってた。」

娘「ふーん。」

「うちは、まだ、花も咲かないね。」

娘「んー。...٩( ᐛ )و 植えたのが、普通より1ヶ月くらい遅かったから、もうすぐ花が咲くんじゃない?」

「ふーん。そうなんだ。」(...気の無い風)

娘「うん。そうだよ。」(自信満々)

イネの花

その会話をした数日後....なんと!穂が伸びできて、花が咲いたのです。

イネは花が咲いている時間が午前9時ころからお昼の12時頃までと短く、咲いているところを見るのが難しい植物の一つだそうです。運よく、土曜日に咲いていたので、家族で見ることができました。

イネの花が咲いている様子です。イネのは、花びらもがくもありません。

イネの花(咲いているところ)

夏休みの感想文の題材に稲垣栄洋先生の「イネという不思議な植物」読んだ娘は、「イネの花はガクもはなびらもないんだよ。」と言いながら、日能研の「理科実験資料集」を見せてくれました。

イネの花が咲き終わって閉じている様子(オシベが外に出ている)

イネの花が咲き終わって閉じている様子(オシベが外に出ている)

その後...

イネの花については、クラスでは、初めてで、先生にもお話しして褒めていただいたそうです。娘は、学校で褒めていただけることが、ほとんどないので、嬉しそうでした。

そして、次の週には、もう一つ穂が伸びてきて花が咲きました。ついでに、通学路にあるクラスメイトのお家でも、花が咲いたようです。

本の紹介

イネという不思議な植物

イネ栽培のご縁で、夏休みの読書感想文に選んだ稲垣先生の「イネという不思議な植物」は、イネという植物の凄さと、日本の稲作の工夫について、そして、イネ造りをしている田園地域の美しい自然...そして環境についての先生のお考えなどが書かれた本です。娘と一緒に読み、親の私も、いろいろな発見があり、感銘を受けました。

理科実験資料集

日能研の授業で4年生から使っている理科の資料集です。実験とありますが、植物の写真なども掲載されています。ネットで動画なども手軽に見れる時代ではありますが、コンパクトにまとめられてるので、うちでは、授業だけではなく、日常で見かけたり気づいたりした、ちょっとしたこと(イネの花とか)を調べるのにも便利に利用しています。