のんびりさんの中学受験!?

小学生の娘と夫と私...3人4脚でがんばろう!

【小学校】夏季学校(準備編)

今週のお題「キャンプ」

 

キャンプといえば…子供が先日、夏の終わりに、移動教室に行ってきました。時節柄テントでの活動はありませんが、はじめての学校でのお泊まりイベントで、喜んで行ってきました。

キャンプもソーシャルディスタンス!

 

…しかし、移動教室...実は...最初に、学校で話を聞いてきたときは…心配事があって行きたがらなかったのです。

 

移動教室の心配事

虫が苦手…

虫が苦手な都会っ子の娘、準備段階から、虫のことをとても気にしていました。

も田舎出身とはいえ、海の出身なので山にどんな危険な虫がいるか...蚊や蠅、アブなんかはいるだろうけど....実は、あまり知りません。虫除けは持たせるので、多くは問題ないと思ったのですが、娘の不安を解消するために...娘と一緒に、どんな虫に注意が必要か調べて準備しました。

スズメバチ

スズメバチ

スズメバチ

夏頃になると、都会でも毎年話題になるスズメバチ。テレビでも話題になっています。

「熊より怖い!」などという触れ込みで情報番組等で扱われることもあります。

私の勤務先(東京郊外)も、藪に隣接しているため、スズメバチの巣ができる時もあるため、バズーカ型の駆除剤を常備しています。

しかし、多くの少年自然の家などの施設では、危険度が高いこともあり、施設付近のスズメバチの巣については、駆除の努力がされているそうです。6月頃からスズメバチを誘引するトラップを仕掛けている施設もあるそうです。

もちろん、100%とり切れるものではありません。山歩きな中にスズメバチと遭遇する可能性も考えて、長袖・長ズボン・帽子着用して肌を見せないようにすることなど一般的な対策は重要だそうです。

www.niye.go.jp

マダニ

 

マダニ

マダニ

7月頃、マダニの感染症に関する話題がニュースで取り上げられていました。

ちょうど、移動教室の準備をする時期だったので...娘「ひ〜!」と、驚いて、ニュースを見たものです。

「夏と言っても、素肌を出さないことが大切」と、警告されていて、娘「長袖と長ズボン...それからタオルを首に巻く!」と言って準備をしていました。

「マダニは、一般的な虫除けが効くから、虫除けを使ったら安心だね。」と、虫除けの効能がきもチェックしました。

NHKではマダニ注意情報が公開されています。

www3.nhk.or.jp

ヤマビル

ヤマビル

ヤマビル

実は、娘の一番の不安は...ヤマビルです。移動教室に行きたくないとまで言っていました。夏休みの始まる少し前から、ニュースや情報番組で「最近は都市部でも被害が増えている」と、盛んに扱われていました。

子どもと、NHK for School までみて、対策を検討しました。

www2.nhk.or.jp

やはり一般的な注意は同じで、肌を出さないということのようです。

ある情報番組では、ヤマビルは忌避剤のほか塩も効くと言っていれば...娘「塩を持っていこう!」などと言っていたので、ヤマビル専用の忌避剤を買ってもいいかなとも思ったのですが、...娘が、虫除けをかけるとヤマビルが取れると聞いてきたことから、ヤマビルにも効くという虫除けを探して持たせることにしました。

結論から言うと、市販の虫除けの多くが、ヤマビルにも効果があるのだと思うのですが…従来は人里では、あまりみられなかったので、効能書きに記載されていない場合が多いようです。話題になったことから、効能書きにヤマビルが記載されているものがあるので...娘の安心のために、記載のあるものを準備しました。

ヤマビルに効くと書いてある虫除けが手に入り、心配事が一つ減ったようでした。

 

 

まとめ

まとめにもなりませんが....

林間学校や移動教室で山に行くときは、夏でも長袖(襟付きが望ましい)、長ズボン、軍手を使って肌を見せないことが大切です。また、黒い服は、スズメバチを刺激することがあるので、避けた方がいいそうです。

そして、一般的な自衛の手段としては、「虫除け」の使用です。匂いが苦手だったり、アレルギーがあるなど虫除けの使用を躊躇う方もあると思いますが、今は、小さい子供にも使える安心なタイプもあるので、自分にあったものを選んで適宜使用するといいそうです。

娘は、本や、学校から配られる行き先の施設の資料を読み、そして、虫除けを持って、(娘の思う)万全の状態で行きましたが、子供が安心できる状態にすることが一番大切な気がします。